近視・遠視・乱視

屈折異常とは

屈折異常とは近視・遠視・乱視などの総称が屈折異常です。外界から入ってきた光は、角膜と水晶体で屈折して、網膜上で像を結んではっきりと見ることが出来ます。この際に、網膜までの距離や屈折の強さが合わないと、像がぼやけてしまいます。

近視とは

近視外界からの光が網膜の手前で像を結ぶ状態が近視です。水晶体や角膜の屈折力が強い・眼球の長さが長いなどが原因です。近視は、凹レンズを装用することで網膜上に像を結ぶように調整することができます。

遠視とは

外界からの光が網膜の後方で像を結ぶ状態が遠視です。水晶体や角膜の屈折力が弱い・眼球の長さが短いのが原因です。遠視は、凸レンズを装用することで網膜上に像を結ぶように調整することができます。

乱視とは

乱視水晶体や角膜が歪んで、外界からの光が網膜の1点で像を結べない状態が乱視です。乱視には、眼鏡の装用で矯正できるものと、矯正できないものがあります。矯正が可能なものを正乱視と言い、矯正が不可能なものを不正乱視と言います。不正乱視でも、ハードコンタクトレンズを装用することで矯正可能となる場合があります。

老視とは

水晶体は厚みの変化によって屈折力を変えて、様々な距離の対象物にピントを合わせることができます。厚みを変えるのは、筋肉の力によって変えられますが、加齢に伴って厚みの調整力が弱まったり、水晶体が硬くなったりすることで、はっきりと物が見えなくなってしまいます。老視は、これらの原因ではっきりと見える範囲が少なくなる状態で、老眼とも呼ばれています。

検査・診断

スリットランプ屈折異常の検査は、水晶体や角膜の屈折力・眼球の長さ・角膜の形状などを調べます。屈折異常の検査で、近視・遠視・乱視の有無を判断していきます。また、視力検査を行い、眼鏡やコンタクト装用時の視力と裸眼のままの視力を測定します。

治療について

近視・遠視・乱視・老視などの屈折異常は、その全てが病気というわけではありませんが、生活の質が低下したり、不自由を感じたりする場合は、眼鏡やコンタクトレンズの装用で視力を矯正していきます。
老眼は、必要な距離に合わせた眼鏡による矯正を行い、不正乱視は眼鏡では矯正が不可能なため、ハードコンタクトレンズによって矯正していきます。

TOPへ