網膜裂孔・網膜剥離

飛蚊症とは

飛蚊症とは視界の中に黒い糸くずや虫のような浮遊物が見える状態を飛蚊症と言います。青空など明るい場所で気付くことが多く、視線と一緒に動く特徴があります。黒い浮遊物の数や大きさ・形は様々ですが、暗い場所では分かりにくく、気になりにくいことも特徴です。
飛蚊症の多くの場合は病気ではなく、加齢に伴う生理的なもので、特に心配する必要はありません。ただし、飛蚊症がなんらかの疾患の初期症状である可能性もあるため、飛蚊症が気になる場合は一度ご相談ください。

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因は、加齢などに伴う生理的なもの(生理的飛蚊症)と、網膜裂孔や網膜剥離などの病的なものとがあります。飛蚊症が気になる場合は、原因を自己診断せず、まずは眼科にて検査を受けてください。

生理的飛蚊症

ほとんどのケースが加齢によるものです。加齢に伴って硝子体が変性して濁りが生じます。ただし、若い年齢層でも強い近視がある方は飛蚊症になりやすいとも言われています。

病的な原因による飛蚊症

網膜裂孔・網膜剥離

網膜に穴があく網膜裂孔や、網膜が剥がれる網膜剥離が原因で飛蚊症の症状が現れることがあります。病気が進行すると、視力低下や視野欠損を引き起こし、そのまま放置してしまうと失明に至る可能性があるため、注意が必要です。また、強い近視がある場合、網膜に変性した部分ができ易く、網膜裂孔が生じることがあります。そのため、近視の方で飛蚊症の症状が見られた場合は、速やかに眼科にご相談ください。

硝子体出血

高血圧や糖尿病、網膜裂孔、外傷などによって硝子体出血を起こすことがあります。症状が悪化すると霞がかったように見えたり、墨汁がかかったように見えたりします。この場合、出血が少なければ自然治癒しますが、出血が多い場合は手術治療を検討します。高血圧や糖尿病などが原因の場合、原因疾患の治療を根本的に行う必要があります。

ぶどう膜炎

ぶどう膜にウイルスや細菌が侵入し、アレルギー反応によって炎症が起こる状態をぶどう膜炎と言います。硝子体が濁り、飛蚊症の症状がひどくなり、黒い浮遊物が増加したり、視力低下したりします。この場合、炎症を抑える点眼薬や内服薬を用いて治療を行います。

網膜裂孔・網膜剥離とは

網膜裂孔・網膜剥離とは

加齢に伴って硝子体が変性し、硝子体が網膜を引っ張ることで網膜に孔(穴)や裂け目が生じる疾患を網膜裂孔と言います。網膜は、眼球の奥(眼底)の内壁を覆っていますが、網膜裂孔を放置してしまうと硝子体の水分が裂孔から網膜裏側へと流れ込み、網膜が内壁から浮き上って剥がれてしまいます。これが網膜剥離です。
網膜裂孔の段階で発見して早期に治療することで、網膜剥離による視野欠損や視力低下を防ぐことが可能です。網膜剥離は、重篤な場合は失明に至ることがあるため、早急な対応が必要となります。

網膜裂孔・網膜剥離の症状

代表的な症状として、飛蚊症と光視症があります。飛蚊症は視界に黒い小さいごみや虫、糸くずのような浮遊物が見える症状が現れます。光視症とは、暗い場所や目を閉じている時に、視界に稲妻が走ったような閃光が見える症状が現れます。飛蚊症は生理的現象として生じることが多い一方で、なんらかの疾患の初期症状である場合もあるため、浮遊物の数や色の濃さ・範囲が広くなる・閃光の頻度が急激に変化した場合は、速やかに眼科にご相談ください。

網膜裂孔の治療方法

レーザーを用いた網膜光凝固術を行います。レーザーで裂孔の周囲を焼き固めることで、硝子体の水分が裂孔に流れることを防ぎ、網膜剥離への進行を阻止します。

網膜剝離の治療方法

早急な手術が必要です。
※当院では硝子体手術、強膜バックリング手術は行っていない為、手術が必要な際は連携病院をご紹介しております。 

硝子体手術

網膜を剥離させている硝子体を除去して、網膜を眼底に復位させます。専用の器具を眼球の白目部分から挿入して、硝子体を切除・吸引して特殊なガスを注入します。剥がれた網膜を元の位置に戻し、レーザーで焼き固めます。注入したガスの浮力で網膜を眼底に押し付けて定着するため、術後1週間程度はうつ伏せ姿勢を保つ必要があります。

強膜バックリング手術

網膜が剥がれた部位に併せて強膜(眼球の外壁)を陥没させて、眼底を網膜に近づけて復位します。この際、内側に陥没させるシリコン製の棒を強膜に縫い付けます。剥がれた網膜と眼底を元の位置に戻し、それに併せて強膜を冷凍凝固またはレーザー光凝固術で焼き固めて固定するのが強膜バックリング手術です。

TOPへ